CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
CLOCK
【JST】   
COUNTER

Welcome.
>本日 人目です.
>昨日 人でした.
>total

_reset 2009.10.16
thank's!

NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
 
宇宙ステーションを始め,広く「衛星通信」を「教育に利用する」過程を随時UPしていきます. 

どうぞ,宜しくお願い致します.
<< H8基板,加工の続き | main | SRLL TNC回路,完成 >>
H8基板,完成
0
    本日,無事H8の方の基板が完成し,稼働を確認しました.

    GDL(GCC)で,S1,S2を押すと,LED1とLED2が点灯するC言語での簡単なプログラムを組み,コンパイル.MOTファイルを作成し,H8−Write Turbo で転送し,書き込み,電源を一度落とし,RUNモードで立ち上げ,動きました.

    とりあえず,東工大さんのMOTファイルを焼き込む前に,確実に焼き込めることをチェックしました. スライドスイッチの書き込み or RUN の方向も(偶然)確認でき,テプラでシールを貼りました.

    プログラムがVer.UPしても,これで安心していられます.

    焼いたH8を取り出し,別の「サンハヤト」の基板で作り直す,という手段もあるのですが,将来性を考え(48へのMOTファイルの書き込みに12V必要なのですよ),このままGO にしました.

    ●完成(予想)図です.


    開発基板上の,トグルスイッチをスライドスイッチに変更し,どちらがWriteモードかわかるように,テプラでシールを作り,張りました.


    ●modem基板は,開発キットの上に「スペーサ」で取り付けるようにしました. こちら側だと,48のCN1が緑色の部品名の所で半田付けできます.
    ネジは一度つけましたが,modemの基板を作るときに外して,再装着します.



    ●D-Sub 9ピン周り,及び,オーディオ入力部です.



    ※ さて,FX614を作りますか,,,.グッド
    | SRLL開発日記 | 18:46 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
    ※ 恐縮です.

    FX614の方が問題ありでして,0.1mmの半田で,装着します.

    PELさん,CAWさんのおかげで,ここまで辿り着きました.

    感謝の念に,御礼申し上げます.

    | 7L2CAM | 2009/01/29 11:45 PM |
    綺麗で見事な仕上がりですね。
    私のはイモ半田、配線ゴチャゴチャ
    見るに耐えません。一応動いてますけど。
    | JE9PEL/1 | 2009/01/29 7:35 PM |









    http://www.terasawa.main.jp/trackback/1315831